HOME > 住育の家って

住育の家って

「住育の家」って?・・・ テレビ・雑誌・新聞でおなじみ! 「住育の家」の創始者宇津崎光代の女性目線で家事・子育て・介護を追求した親子四代、40年にわたる「住育の家」づくりの視点を公開!!まずはこちらの映像をご覧ください

フジテレビ「エチカの鏡」放映映像

「住育の家」創設者プロフィール

 

  • 株式会社ミセスリビング 会長
  • 一般社団法人日本住育協会 顧問
  • 京都府発明功労者表彰審査委

 

職歴 ・京都商工会議所一号議員
・日本インテリアクリエーター交流協会常任理事
・京都府インテリアデザイン指導アドバイザー
・社団法人インテリア産業協会IC活動副委員長
・京都府中小企業特別経営指導員
・京都府企業アドバイザー 
・長岡京市住環境推進審議委員 
・京都新和風分野 開拓委託専門家
・同志社大学大学院非常勤講師
・京都府立高等技術専門請校講師
・向陽幼稚園保護者会会長
・ふれあいの街づくりの会(福祉の会)代表
・京都工芸繊維大学非常勤講師
・日本アビリティーズ協会流動研究員
・京都市観光大使
・京都市みやこユニバーサルデザイン審議会委員
・どうする京都21市民クラブ会会員
・京都家庭裁判所 調停委員 
・特定非営利活動法人住育コミュニティ協会理事長
これまでの履歴 1946年 兵庫県豊岡市生まれ
1966年 京都府大山崎町立大山崎小学校勤務(教師として5年)
1971年 宇津崎建設株式会社 常務取締役就任
1986年 株式会社ミセスリビング設立 代表取締役就任
1996年  ヒューマンデザインコンペ96 受賞
1998年  社団法人インテリア産業協会 功労賞 受賞
2000年 京都岩倉の自宅完成(後の「住育の家」第1号)
2002年 「お母ちゃんの住まい」商標登録(登録第4587921号)
2003年 「お母ちゃんの住まい」の活動が内閣府NPO法人に。
2004年 著書「お母ちゃんの住まい誕生」 海外で出版
2005年  (露) 国際環境連合 インターナショナルエコロジー賞 受賞
2006年 著書「大丈夫だよお母さん」 出版
2006年 「住育コミュニティ in モンゴル」ウランバートルで開催
2009年 公益社団法人日本フィランソロピー協会「住育家族の絆賞」受賞
モンゴル環境省 特別賞 受賞
フジテレビ「エチカの鏡」で「住育の家づくり」が放映
2010年 「住育の家」商標登録(登録第5302657号)
モンゴル国より 環境特別賞 受賞
著書 「住育の家」幸せが舞い降りる 
大丈夫だよお母さん
お母ちゃんの住まい誕生
・インテリアの落とし穴 共著出版
DVD 「大丈夫だよ住まいづくり」

宇津崎光代から「家族の幸せな暮らし」を望んでいる方へのメッセージ

私の自宅である「住育の家」を建て、住んでみて、病院通いだった身体が本当に元気になって、10年前より若返っている自分がいました。私の自宅はある意味二世帯の新しい形の提案型住宅です。
私は仕事がら、いろんな方の家を訪ねる機会が多くございます。家に入ると、その家のご家族の生活の不便なところや家族関係までわかってしまいます。
そのご家族が、どんな間取りだと幸せな暮らしになるのかも見えてきます。
そしてその間取りの家で、その後家族が今後10年、20年どんな幸せな暮らしを送っているのかが見えるのです。
「そのご家族に絶対に幸せになっていただきたい!」その思いの強さゆえ、ときには「ちょっと強引!」「うちの家のどこが悪いって言うの?」といろんな方に嫌な思いをさせたり、ご迷惑をおかけしたこともございました。それらのことは後で娘に教えてもらって気づいたのですが。
そんな私のことでも信頼いただいて「住育の家」を建ててお住まいのお客さまからは「家事が究極に楽にこなせる!」「水回りがとても使いやすい」「ゆとりをもって夫や子どもに接することができるようになりました。」「家族と過ごす時間が増えました。」「本当にあの家のおかげです。」といった声をいただくようになりました。
最初はお母さんに幸せになってもらいたいと家づくりを行っていたのですが、お母さんが幸せになることで結果的にお父さんや子どもも幸せになって、家族みんな仲良しになっていく姿を次々に見せていただいています。
私はこの声を聞けることが何よりも幸せで「有難いことだな」と本当に感謝いたします。
住まいでこれだけお母さんの暮らしが楽になる。家族が仲良くなる。このことを多くの人に知っていただきたいと思っています。
そして、このページをお読みになっているあなたには、家事・子育て・介護が楽になって暮らしを楽しめる、家族がワクワク幸せに暮らせる家を建てて欲しいと思います。

株式会社 ミセスリビング 会長 宇津崎光代

お問合せ