HOME家づくりの素材についてしっくいについて >外壁しっくいの雨に対する処置はされていますか?

外壁しっくいの雨に対する処置はされていますか?

外壁のしっくいは内壁に塗るものに柿渋を撥水のため混入いたします。ただし、コンクリートの表面には
防水材は一切塗布いたしませんし、木造の場合は透湿防水紙を使用いたします。

ですので、内部、外部が雨水のような大きい粒子は入りませんが、水分子は行き来しますので壁の中に
絶えず湿気かこもるようなことはありません。また、サッシ廻りもYKKAPと共同特許を取得した専用の
アルミ水切りを標準仕様としておりますのでご安心いただいております。

ちなみに柿渋は昔、番傘の表面に防水の意味で塗っていました。