HOMEお客様インタビューお客様インタビューの一覧 >愛犬ももと、家族仲良く暮らせる「住育」リフォーム・・・長野県 宮内さま

愛犬ももと、家族仲良く暮らせる「住育」リフォーム・・・長野県 宮内さま

住育リフォーム後の我が家は嬉しい変化がいくつも生まれています!

完成 ご入居後のアンケート

 

我が家は、新築ではなくリフォームで外観は全くと言っていいくらい変化はなく、

家の大きさは変わってないのですが、間取りが変化したことでリフォーム前よりも

リフォーム後の方が広く感じるので不思議に思っています。

 

家が広く感じるので心にも開放感が生まれ、家がとても気持ちの良い、居心地の良い

空間となりました。

 

「住育の家」づくりは夢マップから始まり、宿題が多くて大変でしたが、完成後の

暮らしを快適に過ごすには、そして“仲良し家族へ変身”するにはなくてはならなかった

作業だったと思い、して良かったと完成後に暮らしてみて思います。

 

私は片付け下手というのか、片付けの仕方がわからず、物があふれていく一方な暮らし

をしていたのですが、たくさんの宿題をした事で片付けに対しての自分の弱点を自分で

発見し、せつ子先生にナビゲートして頂き、整理収納の勉強が出来たので、

完成後の暮らしでは自分で 整理収納を考える事が出来、その事が楽しく、自分が快適

に暮らすことへの意欲がわいてきました。

 

生活をしていると意見の違いから主人とケンカのような事になる事もありますが、

そのような時でも夢マップをしたことで自分達がどんな暮らしをしたいかがわかってい

るので、その原点へ戻り、修復出来ます。

 

私は今、ほとんど寝たきりの母の介護をしていますが、リフォーム工事中にお世話に

なっていた施設から、リフォーム前のオムツの段ボール箱で一杯だった部屋ではなく、

リフォーム後の整った家の部屋へ戻った時に、

母は「嬉しい!」とニコッと笑ってくれました。

 

そしてリハビリを兼ねて、空の見える吹抜けのあるLDKへ移動するとリハビリの調子

も上がったり、天井を見て「空が見える!」と喜んでくれました。

 

娘として本当に嬉しく涙が出てきました。

 

住育リフォーム後の我が家は嬉しい変化がいくつも生まれています。

 

家を建てる事がゴールではありません。「幸せな暮らし」がゴールです。とおっしゃら

れ住育の家づくりをされている宇津崎せつ子先生が設計して下さった家に住んでいる

と、せつ子先生が家という作品としてではなく・・私達の幸せを願って本当に心を込め

て設計してくださった事が伝わってきます。

 

悩みやストレスで心が一杯だった以前の暮らしを振り返ると、

せつ子先生と出会えたこと「住育」に出会えたことに感謝の出来る「住育の家」づくり

となりました。

 

せつ子先生、本当にありがとうございました。

 

 

間取りプレゼンテーション後のアンケート

Q-1》なぜ(住育の家の設計)にお申込み

    頂きましたか?

急に、仕事・介護とやるべき事が増え、それまでしていた家事の維持が出来ず、家の中が物であふれ、主人ともケンカばかり。“仲良し家族へ変身”の「住育の家」を知り、この暮らしをリセットしなくては!との思いから申込みさせて頂きました。

 

Q-2》住まいの何に困っていましたか?

 

家の中が物であふれている状況で「片付をしなくては!」と頭を離れる事なく思いがあるものの、何から手を付ければ良いのか?どのようにすれは良いのか?と考えるだけで答えが出ず、結果、物が増えていく一方になってしまっている。

 

 

Q-3》弊社のオリジナル夢マップ・夢シートはいかがでしたか?。

 

夢マップでは自分以外の家族が、それまで何に困り、何にイライラしていたのか、どんな暮らしがしたいのか、どんな夢があるのか、知る事が出来、自分自身にとっては心の整理となりました。家族の考えや思いを知った事で、お互いが相手を思いやる事が出来るようになりイライラする事も減ったと思います。

 

Q-4》「住育の家」プレゼン以降、何か気持ちに変化があれば教えて下さい。

 

夢マップ、夢シートに書いた事が住宅設計でここまで形に出来るんだ!とびっくりしました。もちろん夢マップに書いた事全てが叶った訳ではありまでんが、設計へ至るまでの過程で優先すべき夢の選択が出来たので、限りなく100%に近い設計でした。自分達の夢が形になる具体的なものが提示され、せつ子先生に設計の根拠と新生活の動線をお聞きしながら、完成後の生活が想像できワクワク楽しい気持ちになりました。

 

Q-5》ここまでの満足度と今後の要望事項を教えて下さい。

 

・大変満足

・もっとこうしてほしいという要望は特にありませんが、今後のせつ子先生の

   お得意分野である「収納」がどのようになってくのかが楽しみです。