壁がカベ

Q.仕事も産休して、ずっと子どもと一緒。
こんなにも子ども中心にしてるのに。

抱っこして、とすぐにぐずぐず泣く3歳の娘。
腰も痛い・・・泣きたいのは、私の方!

気が付けば、今日は桃の節句?!
雛人形も出してないと急に来た義理の母に怒られ気づく。

私は、お母さん業は向いてないのかな?もう、全ていやや!!

A.本当に・・・お母さん業は本当に大変ですよね。

壁がかべ

 仕事を産休するとなると。。。さらに不安感倍増!

社会から取り残された感が、襲いかかりますよね。

いろんなことが巻き起こり、パニックになって、さらに子どもが泣くとき、、、。
住まい環境を、少し見直してみてください。

子どもからお母さんはいつも見えていますか?
実は、お母さんの姿が見えなくなると子どもは不安になってお母さんの後追いをします。

反対にずっとお母さんの家事の様子もずっと子どもから見えていると、子どもは一人遊びが出来るようになるのです。

家を、そんな視点で見直してみてください。
視覚になってたら、、、ドアも取っ払ってみましょ・・

 追伸:環境を変えてもうまくいかない・・・

そんなケースがたまにあります。
その原因は、スマホ依存です。
お母さんが、ラインやフェイスブックばかりして目線がスマホの場合もご注意くださいね。

住まいは、あなたが思い通りの家族関係をつくりだしてくれます。

環境が、あなたを助けてくれます。
どんな住まい環境にしたら、今のあなたのお悩みは解決できるでしょう。

家族のそれぞれが出来る方法で!その際は「普通はこうや」「これは常識やで」。
の言葉は禁句です。常識を捨てて、さあご一緒に考えてみましょう!

わからない方は、詳しく書いてメールをくださいね。