HOME家を建てるときに知っておくべき一番大切な住まいの知識 >住まいづくりで一番重要なことは?

住まいづくりで一番重要なことは?

 

家を建てるってどういうことなの?

家を建てるってどういうことなの?

 念願のマイホーム。「これから家を建てよう!」とお考えの方、「これから5年ぐらいでマイホームが欲しいな!」なんて漠然と考えていらっしゃる方。

マイホームは多くのご家族で一生に一度のことで、大きな夢だと思います。

でも、大半の方は「住まいづくりの時点で暮らしが決まってしまうこと」や、「住まいづくりのプロセスがその後の家族の心や人間関係に影響していく」ということをご存知ありません。

いざ、「家を建てよう!」というとき、「無料でプランします」とか、「その場ですぐに理想の住まいがカタチになりますよ」と言われると、

「無料でプランやってくれるって割安!」とか、「早くプランしてくれて助かる」なんて、一見そう思ってしまう方が多いです。

提案されたプランとともに、ショールームやカタログで住宅や設備の説明をされ、「こんな家良いな」とか、「 このキッチン素敵」なんて、マイホームの夢は広がります。

そこで「このプランでよろしいですか?」と契約を迫られます。そこでちょっと考えて欲しいのです。

「家を建てるということは、どういうことなのか?」「家を建てるときに、本当は何を一番考えなければならないのか?」

それを知らないで、家を建て、幸せから遠ざかっているご家族を何度も見てきました。

 

家族のことを知らないと良い家は建つはずがありません

家族のことを知らないと良い家は建つはずがありません

 なぜ、マイホームを建てるのか?・・・その理由は、『家族が幸せに暮らしたいから』ではないでしょうか?

家族が幸せに暮らすためには、本当は何を一番考えなければならないのでしょうか?・・・

それは、「家族がどうありたいのか?」「どんな人生、暮らしを送りたいのか?」そこを一番考えることだと思います。

でも、 残念ながら、家を建てるときの多くは、そこに意識がいきません。 家を建てる側も、買う側も、モノにばかり意識がいってしまっているのが現状です。

本来一番必要で大切な住まいづくりのプロセスがごっそり抜け落ちているように感じます

だいたい、家を建てるその家族のことを知らないのに、家を設計できるわけがないと思いませんか?

 

  • 家族が家を建てることでどういう暮らしを求めているか?も知らない
  • その家族の今の家も見ていない
  • 家族それぞれの持ち物も知らない
  • 家族それぞれの習慣・動線も知らない

それでは、家族にあった家が設計できるはずがないのです。

 

家づくりは家族の人生づくり

家づくりは家族の人生づくり

 言ってみれば、住まいづくりは、家族のこれからの人生づくりを行うプロセスなのです。

そんな一番大事なプロセスなのに、無料で、しかもすぐに設計プランニングできてしまうのは本当はおかしいと思いませんか?

この住まいづくりで一番大事なプロセスに関して、家を建てる方も、住む方も全く知りませんし、考えてもいません。

家づくりで、でき上がった家の収納スペースに合わせて「ここに何を収納しよう」とか考えてしまっているケースがあります。

だから片付けられないし、すぐ散らかってしまう。

本当は逆なんです。家族がどうありたいかによって、収納の場所も違ってきます。

家を建てることは、パズルのようにパーツを組み合わせてつくることではありません。おしゃれなデザインの作品を作ることでもありません。 住む人の暮らしづくりです。

だからじっくり考えて欲しい。それも家を建てる前に考えて欲しいのです。そして、家を設計プランニングしてもらうときは、色んなところをを回ってきて欲しいのです。

あなたがお願いしたい、ハウスメーカー、工務店さん、設計士さんは何を一番大切にして家を建てようとされているでしょうか?