HOME家を建てるときに知っておくべき一番大切な住まいの知識 >実際の坪数や面積よりどう感じるかが大切!?・・・

実際の坪数や面積よりどう感じるかが大切!?・・・

小さな家ほど設計にお金をかける必要がある理由って?・・・

 家を建てられる方が良く言われます。

「20坪ぐらいあった方が良いな」「広いリビングが良いな、14畳ぐらい欲しいな」

 

みんな数値で話をしてしまっています。

でも実際には、数値的な広さが大事なのではなく、同じ坪数でも「広々と感じられるか?」が大切なのです。

 

そのためには、家を数値で考えるのではなく、家族の暮らしを考えることがポイントです。

家族の暮らしを考えないで「これもいるかな」「あれも必要だろう(たぶん、そのうち)」といって設計を依頼するとどんどん大きな家になってしまいがちです。

何も考えないで設計を依頼すると建築費用がどんどんかさむことになります。

逆に5坪減らすことができると例えば坪単価60万円の場合だと、300万円のコストダウンになります。

問題は建築費用だけではありません。坪数が大きくても狭く見える間取り、窮屈な暮らしになってしまう設計があるのです。

小さな家ほど設計にお金をかける必要がある理由って?・・・

 上記の図面
変形したガタガタの間取りの17.5帖のリビング(左)よりも、
収納計画をきちんとしたスッキリ散らかっていない12.6帖のリビング(右)の方がよっぽど広く感じるものです。

同じ面積でも、逆に面積が小さくなっても、広く見せる演出は色々とあります。

 

家族の暮らしや生活習慣を考えた間取りだと、無駄を省くから掃除も楽ですし、動くのも楽になります。

間取りの考えによって『どれだけ広く感じれるか?』それが大切だと思います。

実際には坪数はそんなに必要ない場合が多いです。

私が設計プランニングしたお家に暮らすお客様は、「5坪減ったけど逆に広くなった」「3階建ての設計が2階建てになって家事が楽にできるようになった」などとよく言われます。

 

住育の家は・・・

  • 坪数が少なく済むので建築費用がコストダウン。
  • 坪数より広く感じます、使えます。
  • 暮らしが楽になります。(家事動線、収納動線が便利)

坪数や広い部屋にこだわって建築費用も膨らみ暮らしにくい家より、小さな坪数で家族みんなが広々と暮らせるような、幸せで豊かな家づくりをしませんか?