HOME家を建てるときに知っておくべき一番大切な住まいの知識 >どんなくらしをしたいのか考える住育視点のプロセスって?

どんなくらしをしたいのか考える住育視点のプロセスって?

 弊社の住育視点の住まいづくりでは、「どんな家にしたいのか?」の前に、まず家族それぞれのことを考えてもらいます。

夢マップ&夢シートを使って、自分の夢を明確にしてもらってからスタートです。

  • ◇どんな人生を送りたいのか?
  • ◇どんな暮らしをしたいのか?

 

どんな暮らしをしたいのかをプランする住育視点のプロセスって?・・・

 住育視点の住まいづくりを体験されて、色んなことに気づかれます。

 

  • ◆自分がどんな暮らしをしたいのか?
  • ◆自分たちならではの幸せの本質に気づく
  • ◆自分の大事にしている価値の優先順位がわかる
  • ◆家族で想いの擦り合わせができる
  •  

どんな暮らしをしたいのかをプランする住育視点のプロセスって?・・・

 住育視点の住まいづくりをきっかけに、普段恥ずかしくて家族で話せないような、考えないようなこと、でも家族にとって大切なこと:幸せの本質を明確にされるようです。その結果、家づくりを通じて自分達家族が幸せに暮らす為のぶれないテーマが出来上がるんです。