HOME家を建てるときに知っておくべき >本当に子供のためになる家づくりって?・・・

本当に子供のためになる家づくりって?・・・

本当に子供のためになる家づくりって?・・・

 お子さまのためにと「子供部屋は日当りが良い南向きの部屋が良い」「広い子供部屋が良い」

とおっしゃる方が多いです。

みなさん「子供のため、子供のため」「子供部屋にはお金をかけたい」とおっしゃいます。

でも、「一体何がお子さまの幸せなのか?」を考えて欲しいと思います。

いくら広い子供部屋でも、居場所がないと感じたらお子さまは幸せじゃありません。お子さまはいつも家族の気配を感じられること、家族のいるリビング・ダイニングにいることが幸せなのです。ぶっちゃけ子供部屋は寝るだけぐらいで良いのです。

予算がないので、「子供部屋だけ無垢材にしました」という方がいらっしゃいましたが、当然、「子供部屋に使うのだったら、リビングに無垢材を使ってください」と提案させていただきました。

実際は子供部屋にお金をかけるのは、お子さまのためになってないことがほとんどです。

私は、子供部屋よりリビング・ダイニングにお金をかけた方が良いと思います。そうすれば、 家族が集まってコミュニケーションを自然にとれる家になるんだと思います。

これは、建売住宅を購入されたご夫婦とお子さまの三人のご家族の話です。

そのご家庭のお家は三階建てで、廊下と階段で各部屋が分断されていました。お母さんは「キッチンでいても、子供が何してるのかわからない、顔がみえない」と悩んでいらっしゃいました。

そこで、今までリビングにあったテレビを見に行かないと行けない場所に配置して、リビングにはお子さまのおもちゃを配置したプレイコーナーと本を配置したライブラリーコーナを作りました。

すると、リビングではご家族みんなで食卓を囲むようになり、家族の会話が増えたと言います。そして、これまでは子供部屋で遊んでいたお子さまもリビングで遊ぶようになりました。

家族みんなが居心地の良いリビングになったようです。

このご家庭の場合は、リフォームせずに、収納のレイアウトと家具だけを変える提案をしました。ご夫婦は「家や暮らしに対する価値観や意識が変わった」とおっしゃってました。