HOMEブログカテゴリー一覧ブログ >収納法 ステップ2♪

収納法 ステップ2♪

 

おはようございます
今日は最高にすがすがしいお天気で
気持ちよく1日のスタートができました



今日は先週に引き続き‘お片づけ上手’になる収納法ブログです

たまには部屋が散らかってる方が落ち着くという人もいらっしゃいますが、、
まとめ買いしたものも押し込んだまま忘れてて・・また同じようなものをムダ買いしちゃったり・・・
奥から賞味期限切れのものが大掃除の度に出てきたり・・・
常に探し物ばっかりで無駄に時間をつかってしまったり・・・
収納が苦手だと思ってる方はとにかく不経済でもあるのです


そもそも、おうちの中で効率の悪い収納スペースが占める床面積の坪単価はいくらか???と考えるとぞ~っとしますよね


先週のブログにも書きましたがまずは不要なものを捨てること!


その次の ステップ として

「動線を考えて持ち物の指定席を決めること」


いつも散らかるというおうちは、たいがいこの動線がめちゃめちゃです。

例えば、洋服関係だと、下着収納はここなのに、シャツの収納はあちら、靴下は向こうという風に収納場所がバラバラに散らばっていたら動線が交差して・・・・やたら無駄な動きが多くなっちゃいますよね

結局・・・
ストレスになり出しっぱなし・脱ぎっぱなし・やりっぱなしになっちゃうんです

お料理やお掃除も同様

とにかく一連の動きの流れを止めないような物の配置にすると、作業がスピーディになるし、後片付けも少なくてすむ
結果、手間いらずで住み心地のいい空間になるんです


それから必要なものが必要な場所にあるか?

たとえば
お勤めから帰ってきて、一番にキッチンに行くというお母さん
家事をする前に時計やアクセサリーを外してその辺に置きっぱなしになっちゃうなら キッチンに中の一角に
ドレッサーやアクセサリー等の収納スペースがあってもいいんです



帰って上着をリビングに脱ぎっぱなしにするお父さん
リビングにお父さんの上着を収納するスペースがあればいいのです!




 



トイレで本を持ち込んで置きっぱなしにする習慣があるのならばトイレ前にライブラリーコーナーとして本の収納スペースがあればいいのです



郵便物や書類を常にテーブルに置いてしまうのならテーブル付近に書類の収納スペースがあればいいんです




リフォームをお願いしたいとの依頼をうけたお客様の中でも・・・・・
「どういう暮らしをしたいのか」お話をお聞きし、おうちを見せて頂いたら・・・・・大金をつかって改修工事しなくても、動線を考えてちょっと家具などのレイアウトを替えるだけで快適な暮らしになられたお客様もたくさんいらっしゃいます

リフォームはただ新しくするだけでは何の改善にもなりません
あなたがどういう暮らしをしたいのか?

住まいにあわせて、人が暮らすのではなく、
住む人にあわせて、住まいをつくること!


これを機会に皆様も おうちの中でのご自身の動き(動線)とそれぞれの持ち物の指定席を考えて今一度 収納場所を見直しをしてみてくださいね


ふぅ~やたら長文になってしまいました
最後まで読んでいただいて本当にありがとうございました




では今日も元気に楽しんでお仕事がんばりましょ~