HOMEブログカテゴリー一覧ブログ >大阪の『住育の家』♪

大阪の『住育の家』♪


月日の経過は早いもので今年も残りあと1か月半となりましたね

2010年・・やり残したことがないよう気持ちよく1年を締め括れるよう

1日1日より心を込めて丁寧に過ごすよう心掛けたいと思います




昨日の日曜日は大阪阿倍野区で新築設計させていただいているA様邸の

『住育の家』
 の打ち合わせに行って来ました

キャリアウーマン女性と優しいお母様との素敵な親子さんが幸せ育まれる

木造3階建て『住育の家』 来月上旬完成予定です




昨日は日曜日なんで現場の工事はお休みのため

お客様と水入らずゆっくりじっくりお打合せ

まず、少々足がお悪くなってこられているA様の70歳代後半のお母様が

家の中でスムーズに動いてもらえるよう

最適な場所への手すり取付位置の検証をしました。


事前に現場にお願いして仮につけてもらったおいた手すりの位置をベースに

膝の痛いお母様にとって一番上がりやすく降りやすいベストな手すり位置を検証しました。

お母様には何回も上がったり・・降りたりを繰り返してもらいながら

A様親子さんと3人で一番ベストな取りつけ位置を決決定しました


 

手すり位置は、だいたいバリアフリーの本などの企画取付位置は決まっておりますが、人それぞれ身長、体重、手の長さも体の痛いところも全く違っているので、ベストな取付位置も微妙に違っていて当たり前です。

私達が設計する『住育の家』づくり = 住む人が輝くステージづくり


家に合わせて暮らすのではなく・・・

それぞれ住む人にあわせた住まいづくり
 を大切にしております。

間取りや収納はもちろんのこと、手すりなどにしても小さな違いで快適さは

大きく変わってくると思っています

二度手間になるのに壁の仕上げ前に手すりの仮止めをしてくれた現場監督にも感謝です



その後は、一番楽しいカーテン等インテリアのお打合せ

昔のブログにも書きましたが こちら↓

http://madori-plan.com/blog/jyuiku_blog/curtain.html



カーテンはお部屋で一番大きくイメージがでるのにも関わらず

一番後回しにされがちです

私たちのつくる『住育の家』ではトータルに設計段階から考えていきます

小さなサンプルで見ていてもお客様は中々イメージはつかめないので

このように吊サンプルで実際の窓に色々かけて見ながら

家全体とお客様の既存家具などトータルにコーディネートしながらお客様と

一緒に考えていきます。

A様たちもワクワクしながらそれぞれに一番好きなデザインのカーテンを窓に試着して楽しみながら選んでおられました

A様親子が安全・安心で心身ともにますますお元気になって頂く『住育の家』

完成まで後もう一息お客様と二人三脚でワクワク楽しみたいと思います



素敵なお客様のおかげさまで昨日もまた

感謝・感謝の楽しい日曜日を過ごすことができました



ではでは今週も1週間

笑顔いっぱいハッピーな1週間に。。。